短時間の睡眠でも髪と頭皮を美しくする方法

早寝の大人は肌も髪も美しくなる

 若々しい肌を保つためにはコスメやサプリメントなどに頼るよりも、肌のゴールデンタイムと呼ばれる夜の10時から2時の間にぐっすり眠っていることが大切…という話を聞いたことはありませんか?
 実はこのゴールデンタイム、丈夫で健康な髪を保つためにも大切な時間帯なんです。

 

 この時間帯は成長ホルモンがもっとも分泌されやすくなる時間帯です。
 成長ホルモンというと、背が伸びたり体が大きくなったりする思春期にしか分泌されないと思われがちですが、実は人間の体は生きている限り、成長ホルモンを分泌し続けています。
 ここで成長ホルモンのもうひとつの役割について考えてみましょう。

 

 成長ホルモンがつかさどる大切な体の機能といえば、体内にある物質をエネルギーに変える代謝作用があります。
 新しい肌を作りだす新陳代謝や、健康な髪を作るために毛母細胞の活動を活性化させるのも、この成長ホルモンのはたらきによるものなのです。
 睡眠不足や徹夜が続くと成長ホルモンがスムーズに分泌されなくなります。このことで体に疲れが残りやすくなったり、肌の衰えを感じやすくなったりするのです。

 

睡眠前のスマホ、パソコンも睡眠の妨げに

 肌の細胞などと同じように、毛母細胞の働きもこのゴールデンタイムに活性化されると考えられています。
 この時間帯にぐっすり眠っていることがベストですが、現代の生活では夜10時にぐっすり眠っているというのはなかなか難しいのではないでしょうか。
 夜、ベッドに入るのが遅くなる日は時間よりも眠りの質で勝負するようにしましょう。
 寝る前にテレビやスマホ、PCの画面を見ないことも重要です。暗い中でのブルーライトは脳へ強い刺激を送るので、興奮状態が収まらず良質な睡眠が取りにくいです。

 

 また成長ホルモンのはたらきをスムーズにするためにも、就寝前に洗髪して頭皮を清潔な状態にしておくのがオススメです。
 育毛剤を使用するときも、頭皮は清潔な状態でなければなりません。抜け毛が気になる方は朝シャンではなく、夜シャンプーするのを習慣にしてみましょう。

 

 またお子さんがいるなどで、早めに就寝できる!という方はゴールデンタイムにしっかりと眠って朝、早く起きてみてはどうでしょうか。美容だけではなく、健康面でも嬉しい変化が見られるかもしれませんよ。

関連ページ

髪を太くする食べ物、抜け毛が増える食べ物
睡眠とならんで、食事は髪や頭皮に大きく影響を与える要素です。抜け毛が増える食べ物を避けるだけでも、薄毛に進むスピードを緩めることができます。
禁煙と運動で抜け毛が減って若返るのはなぜ?
喫煙は血管を収縮させ、血行を低下させるワーストワンの行動です。頭皮につながっている顔の血行も低下し、シワが増えるのもそのためです。
ホンマでっか?プラセンタが育毛に効果あり?
肌をキレイにしながら、育毛もできる?そんな美味しい話があるなら、是非試してみたい!プラセンタと抜け毛予防の謎を調べてみました。
薄毛コンプレックスがストレスになり、抜け毛を増やす!
ストレスは頭皮だけでなく、体全体を緊張させ硬くします。硬くなればその分血行が悪くなり栄養が届きにくくなります。薄毛の他にも頭痛や肩こりにも悪影響を及ぼすので、真剣にストレスケアを考えなければいけません。
動画で見る頭皮マッサージの方法。間違えると逆効果にも
頭皮を傷つけたり、こすり過ぎたり、髪を引張すぎると髪や頭皮を傷める原因になり、せっかくのヘアケアも逆効果になります。正しい方法をで実践して、育毛効果を高めましょう。